犬の癌の症状

多くの先進国で人間とペット両方の癌の発生率が過去数十年で急上昇しています。犬は人間とほぼ同じ割合で癌を発生します。老犬はより影響を受けやすくなります。 実は、10歳以上の犬のほぼ半数の死亡原因が、癌です。

癌が犬の体の異なる部位で発生するため、症状は癌の種類、発癌場所、また癌細胞が転移したかによって、さまざまです。特に初期段階では、症状が非常に非特定で、 時には他の非癌疾患に似ているため、検出が難しいのです。

犬のがんの非特異的症状

A Sick Dog

以下3つの症状は非常に非特異的ですが、一般的に多くの種類の癌にみられます。

食欲不振

食欲不振は多くの犬の癌の最初のサインです。もちろん、元気な犬でも時々食欲がなくなりますが、もし愛犬が2-3日間食事をしない場合、 他の症状に注意する必要があります。

体重減少

もう一つの注意すべき症状は体重減少です。犬の体重減少を引き起こす病気はかなり多いのですが、癌はこのような病気の一つです。 愛犬の体重が突然、または一定の期間で減っている場合、一週間くらいの期間毎日犬の体重を測定・記録をしてください。また他の症状に気を付けましょう。

無気力

当然のことですが、がんにかかっている犬は弱っていて、無気力です。犬は容易に疲れていて、たとえ大好きなゲームでも遊びたくないようであれば、 要注意です。

犬のがんのより具体的な症状

以下の症状は、犬のがんの具体的な症状です。(しかし、他の犬の病気の症状も似ている):

嘔吐と下痢

嘔吐や下痢などの慢性および持続的消化器系の問題は胃がんの症状、または体の他の部分から起源する癌によって引き起こる全身症状の一部であるかもしれません。特に、 血液が便および嘔吐物中に見られる場合は即時獣医の診察が必要です。

特に厳しい乾咳(時には血を含む)は肺がん、または他の部分から由来し、肺に転移した癌のサインかもしれません。 愛犬に治らない慢性的な咳がある場合は、獣医の診察を受けるようにしてください。

慢性皮膚の問題

慢性皮膚の問題(例えば治らない潰瘍や傷、慢性のかゆみや病変など)は犬の皮膚がんである可能性があります。 愛犬は治らない病変、口内炎などがあれば、すぐに獣医の診察を受けるようにしてください。

しこり

犬の皮膚のしこりは、良性の腫瘍(例えば、いぼ、脂肪腫瘍、嚢胞など)であるもの、悪性腫瘍(例えば、リンパ腫肥満細胞腫、線維肉腫)もあります。一般に言うと、しこりが現れ、 その後少しの間消え、少し後で再びより大きく現れる場合、がんの可能性が高いのです。しかし、いくつかの癌腫瘍(例えば、肥満細胞腫瘍)は良性腫瘍に非常に似ています。したがって、 しこりを愛犬の体に見つけた場合、すぐに獣医の診断を受けてください。

跛行

犬が怪我や関節炎などの問題がないものの、跛行を持続すると骨肉腫(骨の癌)などのがんのサインかもしれません。

口臭

口臭は犬の口腔癌のサインの可能性があります。 黒色腫、扁平上皮癌、および線維肉腫などの腫瘍は、特に老犬の口の中に発生しやすいのです。 もちろん、歯周病も口臭の原因となります。したがって、愛犬に口臭がある場合、獣医師が適切に診断できるよう犬の口をチェックすることが重要です。

膀胱や腸管の問題

頻尿、排尿困難、 血尿などの膀胱問題は犬の膀胱癌や前立腺癌などの症状かもしれません。 また、前立腺癌は排便困難の症状を引き起こす可能性があります。

痙攣

痙攣は犬の脳腫瘍のサインかもしれません。 特に高齢犬で突然けいれんが発症すると、徹底的に診察する必要があります。

以上の癌の症状は、様々で、非特定な症状です。 また、いくつかの症状は他の犬の病気に非常によく似ていますので、時には犬の癌の診断が困難です。 愛犬が上記のような症状のいずれか を発症したら、すぐに獣医師に相談するのが一番大切です。

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座