犬のおやつ

犬用のおやつの種類が様々です。犬にいいおやつがあるものの、犬によくないまたは有害なおやつもあります。ですので、おやつを買うために、食材、添加物の有無、 産地などを細かくチェックしなければなりません。

犬のおやつ - 避けるべき材料

糖分

犬は甘い食べ物が好きです。犬の食品メーカーはこの事実に気づいているので、多くの低品質の犬のおやつは、大量の砂糖が含まれています。ご存知かもしれませんが、 あまりにも多くの砂糖は犬の健康上の問題(例えば、体重増加、高血糖、インスリン抵抗性、糖尿病)を引き起こす可能性があります。 したがって、糖分がたくさん含まれているおやつを避けましょう。(糖源の例:コーンシロップ、デキストロース、スクロース、果糖など。)

安い穀物

低品質の穀物は、栄養値があまりないので、避けるべきです。高タンパク質源(例:肉、チーズ)や全粒穀物(例:玄米、オート麦、大麦など)から作られたおやつを買いましょう。

肉副産物

高品質の肉から作られたおやつがいいですが、肉副産物がよくありません。肉副産物はしばしば人間が消費できない動物の部分です(例:爪、羽)。言うまでもうなく、 これらの肉副産物は無栄養価のものだけでなく、犬に害を及ぼす可能性があります。

グルテン

トウモロコシや小麦グルテンなどのグルテンは、犬には栄養価がほとんどありません。さらに重要なのは、グルテンが犬のアレルギーを引き起こす可能性があります。

化学防腐剤

プロピレングリコール、BHT、BHA、亜硝酸塩、硝酸塩、エトキシキン、没食子酸プロピルのような化学防腐剤は犬に有害ですので、避けましょう。

混合トコフェロール(ビタミンE)、ビタミンC(アスコルビン酸)、ローズマリー、セージの抽出物、またはクローブなどの天然防腐剤は大丈夫です。

着色料/人工香料

犬はおやつの色に興味がないので、人工食品染料の使用する必要がありません。不自然な色を持つおやつがおそらく着色料が使用されているので、避けて下さい。

また、天然食材から作られたおやつの味が十分ありますので、人工香料も要りません。しかし、多くの低品質の犬のおやつは、人工の味、砂糖と塩を追加する傾向があります。 人工香料などの添加物も犬によくないのです。

犬のおやつの選択

Puppy with Treat

ペットショップでは、多くの種類のおやつが売られています。 どのおやつは愛犬に一番ふさわしいでしょうか。 それは犬の年齢や活動レベル、また健康上の問題の有無(例:アレルギー、血糖疾患、歯の健康状態など)に依存します。

一番いいおやつは高たんぱく質源の肉ベース、すべて天然な食材から作ったものです。食物過敏やアレルギーを防ぐために、おやつの蛋白源 (例:牛肉、チキン、馬肉、魚)を時折変更してください。

天然な食材から作られたおやつ

天然な食材から作られた安心できるおやつなら、 こちらのおやつはお勧めです。

これらのページも見てね:

Welcome!

犬病気

SocialTwist Tell-a-Friend

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!友達にもサイトを紹介してくだちゃ~い!


GREEN DOG ホリスティックケア・カウンセラー養成講座