犬のためのアロマテラピー

犬の健康問題の治療の一つは安全で効果的なアロマテラピーを使用する治療法です。 しかし多くの人々はいまだに"アロマセラピー"について誤解しています。 一部の人は アロマセラピーは合成油の香りのキャンドルやグルーミング製品に等しいと思っています。

実際に100%純粋な治療エッセンシャルオイルやハイドロゾルは、薬効成分があり、適切に使用される場合、多くの犬の健康問題の治療にとても効果的です(たとえば、皮膚の病気、 乗り物酔い、関節炎など。) また、相乗効果を作成するために別のオイルをブレンドすることができます。

犬を治療する際、100%純粋なエッセンシャルオイルを使用することが重要です。お金を節約するため合成物質を含んだ安価なエッセンシャルオイルは購入しないでください。 そのような油は、治療効果がありません。さらに、合成物質や化学物質が愛犬に害を及ぼす可能性があります。

エッセンシャルオイルとハイドロゾルとは?

精油は、葉、花、樹皮、根、種子や果実など、植物のさまざまな部分の腺毛、嚢、またはすじ内に含まれる揮発性物質です。精油は、ある特定の植物の"本質"であり、 その植物に独特な香りを与えます。

エッセンシャルオイルを抽出する方法はいくつかあります。 例えば、水蒸気蒸留、溶媒抽出、二酸化炭素抽出、または手動式など。

エッセンシャルオイルは非油性で、非常に濃縮されており、ほぼ必ず使用前に基油で薄める必要があります。それぞれのオイルは、香り、色、化学的性質、ヒーリング効果など、 独自個々のプロパティを持っています。

物理的なレベルでは、多くのエッセンシャルオイルは、抗菌、抗ウイルス、抗真菌、抗炎症、解毒の効果があり、感情的なレベルで、いくつかのエッセンシャルオイルは、 鎮静や刺激の効果があります。

ハイドロゾルは、精油の水蒸気蒸留の過程で得られる副産物である水ベースの物質です。ハイドロゾルは、水溶性植物の部分だけでなく、いくつかの精油成分の微量も含んでいます。 ハイドロゾルがエッセンシャルオイルのように濃縮されていないので、そのまま使用することができ、また相乗効果のためにエッセンシャルオイルにハイドロゾルを加えて使用することも できます。

非常に敏感な犬、小型犬、猫に対しては、強力なエッセンシャルオイルより、ハイドロゾルが良い選択肢です。

エッセンシャルオイルは、犬にとって安全ですか?

エッセンシャルオイルは非常に濃縮されており、とても強力です。犬のエッセンシャルオイルを使用する場合は、使いすぎないように注意してください。常に使用する前に キャリアオイル(例えば、オリーブオイル、スイートアーモンドオイルなど)にエッセンシャルオイルを薄めましょう。

犬に対して安全なエッセンシャルオイルを薄めて使用すると、犬に使用しても安全で、 多数の病気に治療的に有効である。

しかし、いくつかのエッセンシャルオイルは犬にとって安全ではないので、そのようなエッセンシャルオイルの使用を完全に回避してください。

犬に有害なエッセンシャルオイル

犬に使用すべきではないエッセンシャルオイルは、次のとおりです:

アニス/樟脳/ジュニパー* /ホワイトタイム/セイヨウノコギリソウ

子宮の刺激や毒性の可能性がるので、特に妊娠中の犬に、これらのオイルを使用しないでください。

*ジュニパーベリーのオイルは安全ですが、ジュニパーウッドオイルは、腎臓への毒性がある。

バーチ/ウィンターグリーン

ウェブ上で見つかったいくつかのアロマセラピーフォーミュラは、関節炎によって引き起こる関節の痛みのためにバーチとウィンターグリーンの使用をお勧めします。 しかし、これらの油が高レベルのサリチル酸メチルを含んでいるので、犬の皮膚に塗ると毒性があることが実証されています。 口から摂取すれば、重度の中毒や死を引き起こす可能性 があります。

カシア/クローブの葉と蕾

これらのオイルは人とペットに対して皮膚刺激と毒性を引き起こす可能性があります。

セイヨウワサビ/マスタード/タンジー

これらの油は辛味が強いため危険とみなされ、重度の皮膚刺激を引き起こす可能性があります。

ペニーロイヤル

このオイルはノミを撃退するのに有効ですが、腎臓および神経系に非常に有毒です。また流産を引き起こす可能性があります。ペットとご自分にこのオイルを使用することは避けてください!

ヨモギ

いくつかのウェブサイトには、寄生虫の蔓延を治療するためにヨモギを使用することを勧めますが、この精油はペットに対して安全ではありません。人は腎不全を引き起こす例 もありました。またヨモギは、けいれんを引き起こし、非常に高い経口および経皮毒性を持っていることが事実です。

ヨモギのハーブとオイル両方もペットに有毒であるので、絶対にペットに使用しないでください。

TOPへ戻る

どのように犬にエッセンシャルオイルを使用できますか?

アロマセラピーは、マッサージ、ディフュージョンや吸入、または経口投与することによって使用することができます。

局所塗布は、最も一般的に使用される方法です。油が体の必要な部分に直接塗布されるため、皮膚に浸透するとすぐ小さな毛細血管に吸収され、血流に運ばれます。

エッセンシャルオイルは、マッサージ、またはスプレーを介して使用できます。また、シャンプー、コンディショナー、軟膏剤などに添加することができます。

オイルは使用前に薄める必要があります。オリーブ油、ホホバ油、スイートアーモンド油などのキャリア植物油を使用するとよいです。

ディフューザーと吸入はアロマテラピーを使用する別の方法です。ディフューザーは、犬に吸入される油を蒸発させるために使用します。約30〜40分間ディフューザーを使用して ください。この手順を毎日二度を繰り返すと、5-7日後に効果が現れます。

精油の経口投与は、ホリスティック獣医師の監視の下で行う必要があります。オイルの高濃度が強力であるので、過剰摂取を避けるために注意する必要があります。もちろんいくつか のエッセンシャルオイルは、まったく摂取には適していません。

したがって家での治療は、局所塗布および吸入を使用することをお勧めします。

注意事項

  • 常に100%純粋なエッセンシャルオイルを使用してください。
  • 犬に安全なエッセンシャルオイルを使用しましょう。
  • 使用する前に、エッセンシャルオイルを薄めてください。大まかなガイドラインは、15ミリリットルのキャリア基油に 10〜15滴のエッセンシャルオイルを 追加してください。
  • 小さい犬には少ない量を使用してください。
  • 子犬、シニア犬、そして病気に罹っている犬にも少ない量を使用する、あるいは、ハイドロゾルを使用してください。
  • 妊娠中の犬にエッセンシャルオイルを使用する前に、ホリスティック獣医に確認してください。特に、刺激的な油は(例えば、ペパーミント、ローズマリー、 ユーカリ、ティーツリー、など)妊娠中の犬には使用しないでください。
  • てんかん病を持っている犬やてんかんを起こしやすい犬には、オイルを使用しないでください。一部のオイルは(例えば、ローズマリーなど)、 発作の引き金となるかもしれません。
  • 油は、目、耳の中、鼻、または肛門や性器、直接、またはそれらの近くに塗らないでください。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG