犬の癌の食事療法

多くのホリスティック獣医は、犬の癌が起こる原因の一つは免疫力の低下と示唆している。質の悪い食べ物は免疫力を弱めます。 したがって、自然で栄養価の高い食事と適切なサプリメントとビタミンを癌と闘う犬に与えることがとても重要です。

愛犬が癌と診断されたら一番にしなければならないことは犬の食事の改善です。 特にキブルは高加熱調理されているので、様々な発ガン性物質(例えば、アクリルアミドなど)を含むため犬に与えないこと。その代わりに自然、有機自家製、または生食をお勧めします。

犬の癌用のと区別な食事療法、すなわち、低炭水化物、高脂肪食を供給するという提案もあります。ほとんどの癌細胞の成長と繁殖は、単純炭水化物(糖)とある程度のタンパク質のエネルギー源に依存しています。しかし、がん細胞は、特定種類の脂肪からエネルギーを得られません。

がんのための食事

癌の犬の食事に含まれている必要な成分は:
  • 不飽和脂肪:不飽和脂肪、特に高い量のオメガ3脂肪酸を(例えば、アマニ油)、癌の犬に与えるとよいです。一方、オメガ6脂肪酸(例えば、ルリヂサ油、月見草オイル)は、がんの成長を加速させることが実証されているため、オメガ6の摂取は、制限、または避けるべきです。
  • タンパク質とアミノ酸:適度な量のタンパク質とアミノ酸は、癌の犬の食事に必要です。タンパク質は高品質で簡単に消化するものでなければなりません。さらに、二つの不可欠のアミノ酸は、アルギニン(免疫力の強化するため)とグルタミン(消化管の健康を維持するため)です。
  • 複雑な炭水化物:ごく少量のオート麦、玄米、大麦などの複雑な炭水化物を与えられます。(一部のホリスティック獣医師は穀物を全く犬に与えないと 示唆しています。)
単純炭水化物(糖)を最小限に抑える必要があります。 ただし、いくつかの野菜(例えばブロッコリー、にんじん)はビタミンやミネラルをたくさん含んでいるので犬に有益ですから、適量のよく調理した野菜を犬に与えられます。

TOPへ戻る

犬のがんの食事療法の一つの例

脂肪 - 亜麻仁油とカッテージチーズ

Golden Retriever Pup

「バッドウィッグ式 ダイエット」(Budwig Diet)を聞いたことがありますか。それはドイツの研究者ジョアンナ・バッドウィッグ博士によって提案されたカッテージチーズとアマニ油の簡単な癌の食事療法です。

バッドウィッグ博士の研究によると、有機亜麻仁油は硫黄タンパク質が豊富で、有機カッテージチーズと混ぜると化学反応によって、油が水溶性になり、より容易に細胞膜に吸収されます。したがって、亜麻仁油とカッテージチーズの混合物は豊富なリポタンパク質を犬に提供できます。がん患者が約3ヶ月間この食事療法を続けた後、彼らの癌腫瘍の大きさが徐々に減ったことをバッドウィッグ博士は主張しました。

亜麻仁油とカッテージチーズは健康食品ですので、試してみるだけでも害はありませんね。しかし、一部の犬は過剰な脂肪を食べると膵炎を発症する傾向があるので、愛犬に「バッドウィッグ式 ダイエット」を与えるなら犬の膵臓を助けるためにいくつかのハーブ(例えばタンポポやゴボウ)を使用しましょう。

「バッドウィッグ式 ダイエット」の作り方は下記の通りです:

半カップの有機カッテージチーズに大匙1杯の亜麻仁油を追加してください。 ミキサー、またはブレンダーを使用して、これらの二つの成分をよくブレンドしましょう。少なくとも3ヶ月間、一日三回与えてください。

老犬はカッテージチーズの乳糖を消化することができないので、老犬はカッテージチーズの代わりにプレーンヨーグルトを利用することをお勧めします。

高品質のタンパク質と複合炭水化物

バッドウィッグ式 ダイエットは十分な量のアマニ油とカッテージチーズ(またはヨーグルト)を含むので、他の脂肪を避けてください。

他の食べ物については、高品質のタンパク質とアミノ酸を含む食品(例えば、有機鶏肉、イワシ、七面鳥、豚肉、羊肉、牛肉)が必要です。 適量の有益野菜とハーブ(例えば、しいたけ、カリフラワー、キャベツ、赤と黄色のピーマン、ブロッコリー、にんじん、ガーリック、パセリ、生姜、新鮮なベリー類、等)も与えられます。また、少量の玄米、大麦などの複雑な炭水化物も与えられます。

(犬に有益な自然食べ物と癌食のレシピの詳しいはこのページをご参考ください。)

ナチュラルサプリメント

サプリメントは癌の犬の食事療法に不可欠です。次のサプリメントは癌に役に立つので与える必要があります:
  • 消化酵素: よりよく食べ物を消化し、すべての栄養素を得ることができるように、 消化酵素のサプリメントは癌と闘う犬に不可欠です。

    また、消化酵素が癌の転移と再発を抑えることができ、犬はより長く生きれることがわかりました。 さらに、酵素は放射線療法と化学療法の副作用を減らすことができます。

    ただし消化酵素は血液薄化の効果があり、血凝固障害の犬に与えないでください。また、手術前後(手術10日前から、縫合糸が取り除かれるまで)も消化酵素を犬に与えないでください。
  • プロバイオティクス: プロバイオティクスは、 犬の免疫力をサポートし、強化します。消化器系は、犬における最大の免疫器官の一つです。

    しかし、しばしば癌と闘う犬は抗生物質、コルチコステロイドなどの薬やストレスが原因で、腸内の善玉菌が少なくなります。 その結果、犬の免疫力が弱まります。 免疫力を強化するため、高品質のプロバイオティクス・サプリメントが不可欠です。
  • 抗酸化物質: 抗酸化物質は、 身体からフリーラジカルを取り除くことによって、癌の予防や癌の成長や広がりを遅らせます。

    様々な癌のための抗酸化物質は、ビタミンCとE、セレン、緑茶、コエンザイムQ10などです。

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG