従来の犬のがん治療

従来の犬のがん治療の選択肢は手術、化学療法、放射線が含まれます。

手術

Bull Dog

腫瘍の種類、大きさ、および位置に応じて、手術は時に治癒に適しています。しかし、診断が遅すぎ、または腫瘍が大きすぎて全摘出ができない場合、手術は根治できない場合があります。化学療法、または放射線のような他の治療が必要になるかもしれません。

時に手術は犬を治癒するためだけではなく、痛みや不快感を緩和し、犬の生活の質を改善するために行われる場合もあります。

最近手術はかなり安全であり、合併症は稀です。しかし、すべての手術が安全で、手術後の合併症が発生する可能性がないとは言えません。最も一般的な合併症は、手術創傷からの感染、出血などです。また手術部位によって、犬は時に特定の身体機能を失う可能性があります。たとえば、口腔手術後は食べにくくなったり、膀胱や大腸の手術後は失禁になったりする場合があります。

化学療法

化学療法は犬の癌を治療する薬です。人における化学療法とは異なり、犬の化学療法は治癒のためではありません。実際にがんを治すためには、薬用量が非常に高いので、副作用が犬にとって非常に耐えられないものです。したがって、獣医学の化学療法は、がんが寛解に入ることができるように癌細胞の増殖を抑制し、腫瘍を縮小するために使用されます。がんが寛解状態になると、単にがんの症状が軽減されたことを意味します。しかし、がんは完全に消失していないので、再発可能です。

犬の癌治療として化学療法の目的は、犬の寿命を延ばすため、またできれば生活の質を向上させることです。ほとんどの場合は、がんが体の他の部分に広がっていて、手術ができなくなるときに使用されています。

化学療法薬は、一般にはご自宅で経口的犬に与える薬です。ときにその中の薬は獣医によって与えられる注射剤です。化学療法プロトコルは通常、複数の薬物を使用して、可能な限り最短時間で最高の投与量と最も強力な薬物を与えることです。この「戦略」は、より多くのがん細胞を殺すことができます。

用量が人の場合と比べるとかなり低いので、犬の化学療法による副作用は、通常人のものよりも少なくなっています。しかし、いくつかの副作用があります。最も一般的な副作用や効果を減少させるサプリメントは、次のとおりです:

副作用 天然サプリメント
嘔吐 ハーブ: ジンジャー、アルファルファ
下痢 ハーブ: ショウガ、アカニレ
サプリメント:プロバイオティクス
食欲不振 ハーブ:ショウガ、ニンニク、フェンネル
サプリメント:プロバイオティクス、消化酵素
発熱 ハーブ:エキナシア
サプリメント:ビタミンCとE
脱毛 サプリメント:ビタミンCおよびE、緑茶などの抗酸化剤

放射線治療

手術をできないか、完全にがんを切除できない場合には、化学療法と同様に放射線治療を使用します。

癌が小さく、転移しなかった場合、放射線治療は癌の治癒ができます。他の場合は、痛みを軽減し、または一部のがん細胞を殺し、一時的緩和のための姑息治療として使用されます。

放射線に反応しないがんもあります。放射線に反応する癌は、次のとおりです:
  • リンパ肉腫;
  • 肛門周囲腺癌;
  • 伝染性性病腫瘍;
  • 神経芽細胞腫;
  • 形質細胞腫。
あまり反応しない、または一時的にしか反応しない癌は: 放射線治療の頻度は、治療の目的によります。

目的が寿命を延ばすことですと通常、放射線量は数週間にわたって、1日数回与えられています。

目的が腫瘍を縮小、または痛みを軽減する場合、放射線治療の頻度は少なくなります(2-4週間にわたって、週1回など)。

最も一般的な副作用や効果を減少させるサプリメントは、次のとおりです:

副作用 天然サプリメント
局部皮膚のやけど ハーブ: アロエベラジェル、キンセンカのバーブ
局部抜け毛 サプリメント:ビタミンCとE、緑茶などの抗酸化剤
口やのどの痛み/口腔潰瘍 サプリメント:グレープフルーツ種子抽出物(口のリンス)、コエンザイムQ-10(食品と混ぜて与える)、ビタミンE(潰瘍に局所的に適用します)

犬の癌の食療法とハーブ療法

癌にかかっている犬は癌のための特別な食事とハーブを摂ると、体調がより良くなる場合があります。 詳しいは犬の癌の食療法犬の癌のためのハーブのページを見てくださいね!

また、犬のがんの予防もご参考になってくだちゃ〜い!

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG