人間の食べ物は犬に適していますか?

皆さんはご家庭の食事の残り物(テーブルスクラップ)をワンちゃんに与えていますか。多くの人は「犬にドッグフードのみを与えるべき、人間の食べ物を与えちゃだめ」と思っています。

実は、我々の食べ物は犬にとって、いい食べ物とよくない食べ物があります。人間の食べ物を犬に与えるポイントは、どの人間の食べ物は犬に与えられるかを識別することです。

犬に対して良い人間の食べ物

Dachshund

鶏肉/七面鳥の肉

スキンレス、骨のない、調理済みの鶏肉や七面鳥の肉を犬に与えることができます。一方、調理された鶏骨や七面鳥の骨は簡単に破ることができるので、飲み込まれると、 臓器の損傷を引き起こす可能性があり、危険です。

赤身

赤身肉(牛肉、羊肉)は、蛋白質のよい源です。ただし、もし肉は玉ねぎで作った調味料や、塩味のソースで味付けしている場合は、犬に良くないので、与えないでください。

魚は犬に蛋白質やビタミンを提供しています。冷水魚は、皮膚やコートに適している必須脂肪酸(オメガ3)の良い源です。必須脂肪酸は、免疫系を調節し、炎症を軽減するので、 アレルギー、関節炎、自己免疫疾患を持つ犬に有益です。 調理した、味付けしていない魚を犬に与えるといいです。

タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラル - 卵は栄養素が詰まっています。犬にスクランブルまたはゆで卵を与えられます。

人参

ニンジンはベータカロチンの良い源です。 ほとんどの犬は、生のニンジンの食感が大好きで、生のニンジンはまた犬の歯をクリーニングに適しています!

緑の野菜

調理された緑色野菜(例えば、ブロッコリー、カリフラワー、インゲン、エンドウ)は、ミネラルと繊維のよい源です。しかし、味付けされている野菜は犬に与えないでください。 また、生野菜(例えば、ズッキーニのスライス、エンドウ豆)は、低カロリーのスナックとして、犬を与えられます。

無糖ヨーグルト

無糖ヨーグルトは消化を助ける善玉菌が含まれているので、犬に対して、よい食べ物です。体重増加を避けるために、犬に低脂肪または無脂肪プレーンヨーグルトを与えるといいです。

スパイス

いくつの料理のスパイスも犬に有益です。詳しいはこのページをご参考になってください。

TOPへ戻る

それほど悪くない人間の食べ物

次の人間の食べ物は、ほどほどに犬に与えられた場合はそれほど悪くはありません:

豆はタンパク質やビタミンの源で、犬に適度の豆が与えられます。しかし、多くの犬が豆を食べた後におならをするから、要注意!

チーズ

犬が効果的にミルクを消化することはできませんが、チーズ(特にカッテージチーズ)を消化することができます。しかし、あまりにも多くのチーズを食べると、おなら、 膨満感、胃の痛みを引き起こす可能性があります。

ジャガイモ

犬に皮をむいた、調理された少量のジャガイモを時折与えることができます。しかし、皮をむいていない、未熟なジャガイモは植物毒素が含まれているので、 絶対に犬に与えないでください。

牛の肝臓

肝臓は、栄養素がたくさん含まれていますが、犬にあまり肝臓を摂食すると駄目です。牛の肝臓はビタミンA大量が含まれているので、大量のビタミンAを取ると、 犬に対しては有毒です。

トマト

少量の完熟トマトを犬に与えることができます。しかし、未熟トマトは絶対に与えないこと。 未熟トマトはトマチンとアトロピンを含めていて、犬に有毒です。

TOPへ戻る

与えてはいけない人間の食べ物

以下の人間の食べ物は、犬に有害なので、絶対に与えないでください:

チョコレート

チョコレートは、カフェインとテオブロミンが含まれています。 この二つの物質が 中枢神経系を過剰刺激し、犬に深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

ブドウやレーズン

少量のレーズンやブドウでも犬の健康に多くのダメージを引き起こす可能性があります。大量に、レーズンやブドウは犬に急性腎不全や死を引き起こす可能性があります。

玉葱

玉ねぎで見つかったある化合物(n-プロピルジスルフィド)は、赤血球細胞への酸化的損傷を引き起こす可能性があります。大量のこの化合物が定期的に摂取されている場合は、 ハインツ体貧血や死につながることができます。安全のため、犬に玉葱を与えないでください。

アボカド

アボカドはペルジンを含めていて、犬には有毒です。 大量のペルジンは犬に嘔吐や下痢などの胃腸の炎症を引き起こす可能性があります。

マカデミアナッツ

原因はまだわかっていませんが、マカデミアナッツは犬にとっては有害な成分を含めています。マカデミアナッツを食べたら、犬は嘔吐、発熱、無気力、震えなど症状が出てきます。

塩辛い食べ物

加工食品(ソーセージ、デリ肉、缶詰スープなど)は多くの塩が含まれます。犬には、多くの塩を取ると、電解質不均衡、腎臓病、てんかん発作を引き起こす可能性があります。

甘いデザート

多くの犬はパイ、ケーキ、アイスクリームなどのデザート大好きですが、甘い食べ物は、犬への栄養の利点がまったくないのです。また、犬に糖尿病を引き起こす可能性があります。

ミルク

犬の体には、牛乳中の糖を分解できる消化酵素が持っていないので、ミルクを飲むと、腸内ガス、腹部膨満、下痢、嘔吐を引き起こす可能性があります。

紅茶/コーヒー

紅茶とコーヒーは、犬によくないカフェインが含まれています。

アルコール

犬はアルコールの毒性に対して高感受性です。 すべてのアルコール飲料(例えばビール、ワイン、カクテル)は犬に非常に危険です。アルコール飲料は、犬に嘔吐、 下痢、虚脱、肝臓障害を引き起こす可能性があります。

キシリトール

キシリトールは、多くの無糖ガム、息ミント、キャンディー、焼き菓子に含まれる甘味料です。キシリトールは犬に低血糖を引き起こし、インスリンの急激な放出をトリガーするため、 危険です。ショックと肝不全になる可能性もあります。そのため、無糖ガムまたはキシリトールを含む他の食品を愛犬の手の届かないところに保存してください。

これらのページも見てね:

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG