犬のナチュラルダイエット(犬の自然食)

犬はバランスのとれた自然な食品を食べていると、毛が美しく光沢があります。 また、かゆみなどの皮膚問題やアレルギーもなくなります。

犬の自然な食事はまた、慢性下痢、腸内ガス、便秘などの消化器系の問題を改善することができます。さらに、腎臓や肝臓の働きも大幅にアップさせます。

犬のナチュラルダイエット - 鮮度とバラエティ

犬にナチュラルな食事を与える度に、忘れてはいけないことは「鮮度」と「バラエティ」です。

鮮度

新鮮な食品は「生命」を感じることができます。 生鮮食品の中に、天然酵素、プロバイオティクス、酸化防止剤、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が多く含まれます。

食品が加熱で処理されない場合は、より多くの栄養素が自然の状態のまま保持できます。 このため、多くのホリスティック獣医師は現在犬のドライドッグフード(キブル) の代わりに、新鮮な生の食品を犬たちに与えることを提唱しています。

以下の鮮度スケールで見ればわかりやすいでしょう。

鮮度スケール:
  • 家庭で作った食事(できれば生)(一番新鮮)
  • 冷凍生の食品用飼料
  • 凍結乾燥または脱水食品
  • 缶詰食品
  • 乾燥したドッグフード(キブル)(一番鮮度が低い)
「毎日愛犬のために自家製の食事を準備する時間がない」と思ったら、心配しないで!他の選択肢があります。たとえば、乾燥したドッグフード(キブル)に、 新鮮なまたは冷凍生の食品、または新鮮な調理した肉、 脱水食品、さらに缶詰食品などの新鮮食品を追加すればOKです!

バラエティ

私たちが毎日いろいろな食べ物を食べるように、犬もそうすべきです。 もし、いつも同じえさを食べさせていると、食物過敏やアレルギーになる可能性が高くなります。

より多様な食べ物は、完全な栄養を提供することができます。

したがって、定期的に愛犬にさまざまな新しい食べ物を与えることが重要です。

TOPへ戻る

犬のナチュラルダイエットの主な成分

Dachshund

タンパク質(肉など)

犬はなんでも食べることができるように見えますが、彼らは元々肉食動物です。 犬の消化器系は、主にタンパク質と脂肪から成る食事を処理するように設計されています。

タンパク質は、体の組織や筋肉の健康、強い免疫力、健康な毛や皮膚のために不可欠です。

ただし、すべてのタンパク質が同じわけではありません。犬の体によい蛋白質の主な源は動物性タンパク質です。穀物や野菜にもタンパク質が含まれていますが、 植物性タンパク質は、犬が必要とする一部の必須アニモ酸が含まれていません。具体的には、植物性タンパク質は2つの必須アニモ酸(L-カルニチンとタウリン)が含まれていません。

蛋白質の源:

食事の少なくとも半分の成分は肉や他の動物のたんぱく質で構成する必要があります。

肉には多くのタンパク質と他の多くの栄養素が含まれています。多くのホリスティック獣医師は、以下の肉を犬に与えるよう勧めています:
  • 牛肉、
  • チキン、
  • 七面鳥、
  • 豚肉、
  • ラム。
愛犬に肉を供給する場合は、大きな塊がいいです。犬は肉を咀嚼しているとき歯が自然に掃除されます。でも老犬、または歯に問題がある犬にはより小さい肉の塊を与えてください。

可能であれば、有機肉や無農薬の肉を使用してください。

肉以外の他のタンパク質源は、次のとおりです:
  • 卵: 体重が10kg以上の犬に一日卵1個を与えられます。10kg以下は半個や四分の一の量が適当です。
  • 魚: 骨付きの缶詰の魚、例:イワシ、マアジ、ピンクサーモン、は良い選択肢です。手作りの場合は、魚の骨を取ってください。毎日少量の魚を犬に 与えるか、または週に1-2回より大量の魚を与えても大丈夫です。与える総量は、他の肉の450gm当たり、魚は25gm程度がよいです。
  • 内臓: 肝臓はたんぱく質源の約5%を占めているとよいです。 毎日、または一日おきに少量の肝臓(牛肝、鶏のレバーなど)を与えてください。
  • 乳製品: 無糖ヨーグルト、コテージチーズ、リコッタチーズはよいたんぱく質の源です。

脂肪

人と違って、犬が健康を維持するためには多くの脂肪が必要です。脂肪は、脂溶性ビタミンの吸収のために必要です。脂肪は必須脂肪酸(オメガ6とオメガ3)が多く含まれます。 脂肪は犬にエネルギーを与え、寒さから身を守ります。さらに、脂肪は食べ物が口に合うように食欲を高めると役立ちます。

犬のための最善の脂肪は動物性脂肪です。例えば、魚油(例:サーモンオイル)、缶詰の魚、肉、卵、全乳ヨーグルトなど。

愛犬が肥満である場合には、「低脂肪」の食事を供給しないでください。その代わりに、食べものの量を減らしましょう。 肥満の犬も、健康を維持するために、すべての脂肪を必要 としているからです。

炭水化物

犬は肉食動物なので、あまりにも多い量の炭水化物を消化することはできません。したがって、愛犬には少量、または、まったく炭水化物を与えなくても良いのです。犬が高炭水化物を 食べると、炭水化物がなかなか消化できません。 したがって、炭水化物が長時間犬の消化管に滞在し、犬の消化器系の問題 (例えば、鼓脹症、腸の炎症)を引き起こしやすくなります。 また、犬の便がかさばり、臭くなります。

あまりにも多い繊維は、犬の健康問題を引き起こす可能性があります。研究では、炭水化物と穀物がアレルギー、関節炎、てんかん発作などの健康問題を引き起こす可能性があることを 発見しました。さらに、犬の内臓の過度の澱粉は、カルシウム、亜鉛、鉄、マグネシウムなどのミネラルの吸収を減少させる恐れがあります。

一部の人は炭水化物は犬にエネルギーの良い源であると思っています。実際には、もし犬に高いレベル(50%以上)のタンパク質と脂肪を与える場合は、犬のエネルギーの問題には なりません。犬の肝臓で脂肪からグルコースに変わるからです。

では、野菜と果物はどうですか?

多くの犬は、特に甘味を持っている野菜が好きです。 野菜はビタミンやミネラルの良い源です。少量(25%未満)の野菜を犬に与えることはよいことです。

いくつかの種類の野菜は新鮮で生のまま犬に与えることができます。他の野菜は、適切に消化できるように、調理やピューレにしなければなりません。

以下の野菜は調理する必要はありません。 ブレンドやピューレして、犬に与えてください:
  • アルファルファの芽、
  • ビート、
  • ピーマン、
  • 人参、
  • セロリ、
  • 新鮮なトウモロコシ、
  • キュウリ、
  • ズッキーニ。
一方、これらの野菜は犬に与える前に調理する必要があります。 一番いい調理法は蒸し野菜にすることです:
  • ブロッコリー、
  • カリフラワー、
  • グリーンビーンズ、
  • エンドウ、
  • ジャガイモ。
よい果物はバナナ、リンゴ、ベリー、メロン、パパイヤです。プドウとレーズンは犬に有害なので、絶対に与えないでください。

TOPへ戻る

サプリメント

犬の手作り食事にサプリメントを追加する必要があります。

特に、カルシウムは最も重要なミネラルです。犬の食事は、生の骨が含まれていない場合には、カルシウムを補う必要があります。そのため、炭酸カルシウムまたはクエン酸カルシウムの サプリメントを与えてください。

あるいは、犬の食べ物に卵の殻を追加しましょう。卵の殻を一晩乾燥させ、コーヒーグラインダーを使用して粉末にして挽いてください。

大まかな目安として、食事は生の骨が含まれていない場合は、450グラムの餌ごとに約900ミリグラムの炭酸カルシウムを追加してください。(小さじ半分の粉末卵殻に、約900ミリグラムの カルシウムが含まれています。)

追加する必要がある他のサプリメントは、次のとおりです:
  • ビタミンD(犬に魚を与えない場合は、ビタミンDのサプリが必要になります);
  • オメガ3必須脂肪酸(魚油);
  • ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE;
  • 消化酵素

Welcome!

犬病気

僕たちの健康のため、このサイトをブックマークしてね!


GREEN DOG